魔術師手術中

3回言える?「魔術師手術中 魔術師手術中 魔術師手術中」

雨の日のキャンプの楽しみ方と注意点

      2015/06/08

小学生の子どもとキャンプに行ったとき、雨が降ってきたらどうしたらいいでしょうか?

子供とのキャンプは楽しいもの。

しかし、天気が雨だからキャンプを楽しめないと言うことはありません。

雨の日のキャンプの楽しみ方と注意点をご紹介します。

 

スポンサードリンク

 

雨の日用の準備とは?

雨が降らなくても、雨の日用の装備を必ず持っていきます。

雨天時にテントを設営する際はレインウェアを着用します。

ビニール素材のレインウェアは、 高い防水性がありますが同時に汗も遮断するので、蒸れてしまいます。

「防水透湿性素材」だと、防水性と通気性があり、また何度洗濯しても機能性が失われにくいのが特徴です。

雨天時のテント設営には、防水透湿性素材のレインウェアをおすすめします。

普通のシューズだと泥だらけになるので 長靴も必須です。

その他にも、傘・帽子・着替え・タオル・ぞうきんなどを忘れずに用意しましょう。

 

雨の日の楽しみ方とは?

観光地や温泉が近くにある場合は訪れてみます。

風が吹かず、小雨ならばトレッキングをしましょう。

雨の日の昆虫の生態系などを知ることができます。

風を伴う強い雨ならテントやタープの中でカードゲームなどが良いでしょう。

 

雨の日のキャンプの注意点とは?

大雨が降ると川の水位は、急に上昇します。

子供が川に近づかないように注意しましょう。

 また、地滑りが起こる危険性があります。

キャンプ場の管理人の指示に従い行動しましょう。

雨が降っていなくても川の中州にテントを張るのは、絶対にやめましょう。

 

雨天時のテント設営・撤収のコツは?

雨天時にテント設営する際、始めになるべく雨が流れ込まない場所にタープを立てましょう。

立てたタープの中に荷物を置きます。

雨が上がった、または小雨になったら、速やかにテントを立てます。

タープの下にテントを少しかぶせて立てるとテントとタープを移動するときに濡れません。

ヘキサタープは 雨の進入を防ぐためサイドロープを短くします。

雨天時に撤収する際は、まず荷物をタープの中に置きます。

タープに車をできるだけ近づけて積み込むと荷物が濡れにくいです。

積み込んだらタープの中にテントを移動させ、畳みます。(タープの大きさによっては、テントを畳めない場合があります。)

最後にタープを畳みます。

 

今はワンタッチテントもあるので、設営にかかる時間はかなり短くなりました。

そういうのを利用するのもいいですね!

ワンタッチテントの組立方法動画

スポンサーリンク

 - レジャー ,

  関連記事

キャンプの虫対策 これでママもキャンプに行ける!

子どもたちを自然と触れ合う機会を作るのに、キャンプはとってもいい経験になりますよ …

夏だ!BBQだ!炭の火の付け方と消し方をまとめました

夏と言えばBBQ! 家族と友人と、盛り上がりますよね~。 でも、一番難しいのが火 …

キャンプやBBQで大人気!ダッチオーブンでオシャレで美味しい料理を作ろう

アウトドア料理で大人気のダッチオーブンは、19世紀アメリカの西部開拓時代に、開拓 …