魔術師手術中

3回言える?「魔術師手術中 魔術師手術中 魔術師手術中」

海水浴でクラゲはいつから出るの?海に行く最適な時期

      2015/06/09

「クラゲはいつから出るの?」

子供からこんな質問を尋ねられたらあなたは答えられるでしょうか?

海水浴で クラゲがいつから出るのか?海に行く最適な時期 をわかりやすく説明します!

これを知ればクラゲにさされることなく、海水浴を楽しめますよ!

 

スポンサードリンク

 

 

クラゲはいつから出るのか?

クラゲは海で年中生息しています。

なかでも特にクラゲが大量に現れる時期は「お盆明け」 です。

お盆は、8月13日から16日までの4日間を示すので8月17日からクラゲが大量に発生するということになります。

そのため、海の日からお盆前までの3週間が海水浴を楽しめる時期となります。

クラゲは10月頃まで活発に生息しています。

これは、海水の温度が高いためです。

なのため、夏が過ぎて海に入る場合、注意が必要です。

また、台風の直後はクラゲも流さるため見かけなくなります。

しかし、 台風後の海は漂着物などが浮かんで危険です。

海水浴は控えましょう。

 

なぜクラゲが大量発生するの?

原因としてクラゲが子供から大人に変化する時期と重なることが挙げられます。

クラゲは、子供の時代の前半はポリプ期といいます。

大人のクラゲのようにプカプカ浮かんでいる状態ではなく、イソギンチャクのように同じ場所でじっとしています。

ポプリ期が終わるとエフィラ期を迎えます。

そして、じっとしていた場所から分離し浮かぶようになります。

この分離してクラゲが浮かび上がる時期とお盆明けが重なるというわけです。

 

クラゲに刺されたときどうすれば良い?

クラゲが多い時期を避けてもクラゲに刺される可能性はあります。

クラゲに刺された場合、応急処置を施します。

 まず、刺されたら海から上がります。

患部は手で触らないように注意します。

触手は、早めに ピンセットなどで引き抜きます。

触手が刺された箇所に残っていると、そこから毒が出てくる危険があります。

クラゲの毒は熱に弱いためビーチの熱い砂を患部にかけます。

また、真水で洗うと毒が出てくる場合があるので海水で洗い流します。

 

楽しい、海水浴。

でも、万が一に備えて応急処置法を知っていると、慌てることなく処置できます。

覚えておくと良いですね。

スポンサーリンク

 - 海水浴 ,

  関連記事

キレイに日焼けするためのサンオイル!サンオイルの役割

今年の夏はどこへ行くのか決めましたか? 涼しい避暑地や高原も魅力的ですが、夏とい …

子どもと海水浴!忘れてはいけない持ち物リスト

海水浴は、子供たちにとって夏休みの一大イベントです。 家族とともに大切な時間を過 …

日焼けで皮がむけた!跡を残さない皮むけ対策

日差しが強い夏、長時間外に出ているとどうしても日焼けしてしまいますよね。 日焼け …

海水浴に赤ちゃんを連れていっても大丈夫??

赤ちゃんに見せたい夏の海。 大地に触れ、波を感じ、赤ちゃんと一緒にたくさんの思い …